本文へスキップ フッターへスキップ

League of Legendsでミッドをプレーする方法(基本編)

リーグ・オブ・レジェンド初心者の方にとって、ミッドレーンの役割を理解するのは少し難しいかもしれません。心配しないで、私が分かりやすく説明するから。ミッドレーンの謎を解き明かし、ベテランのミッドレーナーになるために必要な知識を身につける旅に出よう。

エッセンシャルズ

  • ミッドレーン チャンピオン: 範囲を持つメイジと近接攻撃型のアサシンが支配するミッドレーンのチャンピオンの世界を探検しよう。

  • Laning Phase: Ranged Mageの場合は、敵のミニオンの攻撃中にスキルショットを使う術をマスターしよう。Meleeチャンピオンなら、レベル3までは生き残ることに集中しよう。

  • 結界: ミッドレーンでは結界がガンクに対する盾となる。敵の動きを予測し、安全を確保するために適切な配置を学ぼう。

  • ローミング: ローミングはミッドレーンのプレイの独特な側面である。ファームロスを最小限に抑え、遠征のインパクトを高めるために、ローミングの前にウェーブをプッシュしよう。

  • ゾーン : ミッドレーンを戦略的にコントロールするために、コレクションゾーン、ニュートラルゾーン、プレッシャーゾーンを理解しよう。チャンピオンのタイプやゲームの状況に応じてアプローチを調整しよう。

ミッドレーン王者のタイプ

ミッドレーンでは一般的に、チャンピオンはRangedのメイジとMeleeのアサシンの2つに分類される。これは厳密な分類ではないが、出発点としては良いだろう。

レーンニングフェーズにおけるトレード戦略

対戦相手との打撃の応酬は、特に高いレベルのプレーでは微妙なダンスになる。初心者のうちはシンプルに考えよう。レンジメイジをプレイしているのであれば、アビリティ、特にスキルショットが主な取引材料となるだろう。

プロのコツ: 敵の動きを予測するために自分のミニオンの体力をよく見ておこう。ミニオンが攻撃されそうになったら、相手が攻撃アニメーションに入った隙にスキルショットを使おう。ちょっとしたコツだが、精度を大幅に上げることができる。

さて、Meleeチャンピオンを選択した場合、レベル3に達するまでは弱体化する可能性が高い。多くの新規プレイヤーは、序盤でラストヒットをすべて確保しようとするあまり、ダメージを受けすぎてしまうというミスを犯す。すべてのミニオンを倒すことにストレスを感じる必要はない。レベル3になるまでは体力を温存することに集中しよう。一旦レベル3になれば、レーンでの優位を主張することがより簡単になるだろう。

レーン戦での生き残り結界とローミング

安全のための結界

ミッドレーンは中央に位置するため、ギャンクの温床となる。ワードは不意の敵の訪問に対する盾となる。川の片側を包括的にカバーできるようなワードを配置しよう。特に、不意をつくようなジャングラーのことを考えると、適切な配置が鍵となる。安全性を高めるため、ワードを設置したレーン側に留まろう。

ローミングの極意

ローミングはミッドレーンの特徴的なプレーだ。ローミングする前にミニオンの波を敵タワーに押し込むことが重要なステップとなる。なぜか?離れている間に発生するファームの損失を最小限に抑えることができるからだ。ローミングはリスキーなビジネスだ。事前にウェーブを押しておくことで、たとえローミングがキルに結びつかなかったとしても、経験値やゴールドで遅れをとることはない。

ゲーム中盤と終盤の戦略

ゾーンのナビゲーション

ミッドレーナーとして成功するためには、ミッドレーンのゾーン(コレクション、ニュートラル、プレッシャー)を理解することが重要だ。以下の説明と画像は、左下からブルーサイドでプレイしていることを想定している。

  • 収集ゾーン(緑):ミニオンの波がここに来たら、ゴールドと経験値を失わないように、敵の波を回収するためにそこにいることを確認しよう。

  • ニュートラルゾーン(黄色):このゾーンにウェーブを押し込んで相手にプレッシャーをかけよう。相手が反応しなければ、相手のタワーはダメージを受け、ミニオンがタワーで死ぬことによるファームを逃してしまう。

  • プレッシャーゾーン(赤):波がこのゾーンに押し寄せたら、いくつかの選択肢がある。タレットプレートやタレットダイブを狙うこともできる。あるいは、ミニオンをプレッシャーゾーンに押し込んだ後、サイドレーンをガンクするか、ゴールドを消費してリコールすることもできる。

レンジメイジはミッドに張り付いているべきだが、サイドレーンにも気を配ろう。ニュートラルゾーンを越えてウェーブを押し、プレッシャーをかけよう。Meleeアサシンの場合は、デュエルとモビリティの利点を活かしてアグレッシブにプッシュし、敵タワーにプレッシャーをかけ、相手の側面に回り込もう。

熟達のための徹底的な探求

では、ミッドレーンで待ち受ける難題に万全の備えをするために、いくつかの重要な点をもう少し掘り下げてみよう。

高度なトレーディング・テクニック

ミッドレーンに進むにつれて、高度なトレードテクニックを取り入れることを検討しよう。Rangedのメイジは相手をおびき寄せてスキルショットをかわさせることで、より重要なトレードの隙を作ることができる。レベル3以降のMeleeチャンピオンはコンボをフルに活用することができる。

あらゆるシナリオに対応する結界戦略

結界はただ結界を張り、最善を祈るだけのものではありません。敵のジャングルや川で深く結界を張り、敵のジャングラーの動きに関する貴重な情報を得るなど、より高度な結界戦略を身につけよう。結界を張り替える最適なタイミングや、ゲームの流れに応じた結界の戦略を理解しよう。

地図認識をマスターする

League of Legendsにおいて、マップの把握はゲームを大きく変える。ミッドレーナーとして、自分のレーンだけでなくマップ全体を監視する必要がある。こまめにミニマップに目をやり、敵の動きや見失った相手、チームメイトのギャンクの可能性などに注意するように訓練しよう。

ローミングルートの最適化

ローミングは単にレーンを離れることではなく、目的を持って行うことだ。敵の位置、自分のジャングルの進路、そして潜在的な目標に基づき、様々なローミングルートを探そう。ローミングが効率的であればあるほど、チームのプレーが成功する可能性は高くなる。

最後の言葉

結論として、ミッドレーンをマスターするには、基本的な知識と戦略的思考、そして継続的な適応が必要である。これらの追加的な洞察と戦略は、あなたがLeague of Legendsの旅で進歩するにつれて発生する課題に取り組むために必要なツールを装備しているはずだ。

すべての試合が、自分のスキルを学び、磨く機会であることを忘れないでほしい。そのプロセスを楽しみ、好奇心を持ち続ければ、やがてインパクトのあるプレーができるようになり、ミッドレーンで足跡を残せるようになるだろう。ハッピー・ゲーミング

著者について

Marijn Laros

オランダの輝かしいチューリップの国からやってきた、元気いっぱいの19歳。私はいつも冒険が好きで、今の冒険は国境を越えて、この1ヶ月間、新しい経験や文化を吸収しながら海外生活を楽しんでいる。